日本人に多いと言われている「混合肌」をスキンケアで改善できたらいいな~と思いますよね。混合肌でお悩みの女性は当サイトの説明を参考にして、しっかりスキンケアをしてステキな肌にしてください。

スキンケアで混合肌を治し素敵なお肌になった女性

豆乳イソフラボンとそばのルチンでスキンケア

いくらスキンケアをしてもなんとなく肌の元気がでない・・・、くすみや乾燥が気になる・・・という方が多くいらっしゃいます。
もちろん肌の疲れにはコスメによるスキンケアが大切ですが、それ以上に大切なのが食事に気をつけて美肌成分をしっかりと摂取するということです。
肌の調子が悪い時は忙しさのあまり睡眠不足だったり、食事が乱れているケースも多くあります。
人間の体は食べたものから作られますが、肌も同様に食べたものから作られます。
美肌成分を積極的にとることで体の中からスキンケアすることができます。

スキンケア効果がある食材が豆乳です。
豆乳の原材料である大豆にはイソフラボンという物質が含まれますが、これは別名植物性エストロゲンといい女性ホルモンを活性化する働きがあります。
女性ホルモンが活性化すると肌は潤いを持ち輝くので、積極的に毎日の食生活に豆乳や豆腐といった大豆製品を取り入れるのがおすすめです。
また、そばに含まれるルチンも効果的な美肌成分です。
ルチンは別名ビタミンPともいわれ、抗酸化作用が高いポリフェノールの仲間でもあります。
脳卒中や高血圧症など循環器系の疾患に良いことがわかっていましたが、毛細血管を強くする働きがあり、美肌作りに役立てることができるのです。
毛細血管が強くなることで肌のすみずみまで血行が行き渡り、くすみを解消することが出来るだけでなく肌のターンオーバーを改善して若々しい素肌を演出することができます。
また、ルチンはビタミンCの生成を助ける働きをするので、コラーゲンを生み出すサポートをして、弾力のある素肌を演出することができます。
このような美肌作用のある成分をしっかりとって体の中からスキンケアしましょう。